婚約指輪とは

日本には結婚前に、婚約指輪を贈る風習があります。 では婚約指輪と結婚指輪にはどのような違いがあるのでしょうか。
日本には「婚約指輪」と「結婚指輪」の2種類があります。
一般的にはウェディングリングと呼ばれます。
ウェディングリングとは、婚約指輪と結婚指輪を兼ねた指輪ですが、日本は2つを分ける風習があるようです。 ここでは婚約指輪に注目してみましょう。
変わらぬ愛の象徴として贈られる婚約指輪は一般的にはダイヤモンドが贈られることが多いです。 しかし、最近ではTPOや仕事の都合上によって、常に身につけているのは難しいということが増えています。 このような理由から、婚約指輪を毎日身につけられるように、結婚指輪とする動きもみられるようです。
では具体的に結婚指輪との違いを挙げてみましょう。
まず、婚約指輪は婚約が成立した時にその証として男性から女性に贈られます、
この時、一般的にはダイヤモンドや宝石のついた指輪が多いです。
次に結婚指輪についてです。
これは一方的に男性から女性というものではなく、相互に同じデザインの指輪を交換します。 したがって、結婚指輪は男性もすることになります。
通常は結婚式の途中に結婚指輪の交換をします。
この結婚指輪は、基本的には男女とも結婚後薬指にはめておくことになります。
材質は劣化・摩擦しにくいプラチナが多く、これ以外に金や銀が使われることもあります。
ダイヤや宝石などがつくことはあまりありません。 冒頭でも説明しましたが、女性にとって婚約・結婚指輪の存在は大きいです。
宝石のついた指輪をつけるか、シンプルな指輪をつけるかは女性の生活習慣や仕事などにもよるでしょう。 ここでは婚約指輪に注目していきますので、宝石のついた指輪をつけたい方におすすめします。