ダイヤモンドの4Cについて

ダイヤモンドには4Cと呼ばれるものがあるのを知っていますか? 基本の4つを抑え、指輪選びに生かしていきましょう。
では、実際に婚約指輪を選びましょう。
一般的に、婚約指輪にはダイヤモンドのついた指輪が人気です。
ダイヤモンドの品質を表す、4Cを詳しく見ていきましょう。
「4C」には世界的な鑑定基準があります。GIA(米国宝石学会)基準をベースとしたAGL(宝石鑑別団体協議会)基準で厳正に鑑定されています。
「4C」が一致した商品は必ず同等品となります。

1、CARAT:カラット(重量)
宝石の重量はメトリック・カラットを単位として測定されます。
「ct」で表されている数字が石の重量を表します。
大粒の石はは貴重であり、その分価値も高いです。
1カラットは0,2グラムに相当します。
1カラットのダイヤモンドの直径は約6,5mmとなっています。

2、COLOR:カラー
カラーとはダイヤモンドの色に関する評価です。
無色透明の「D」からライトイエローの「Z」までの23段階で評価し、無色に近いほど透明です。ダイヤモンドのDの頭文字を取り、A,,B,CがなくDから始まります。
無色透明の最上ランクは「D」となります。

3、CUT:カット
カットとはダイヤモンドのプロポーションおよびフィニッシュの総合評価です。
「Excellent」「Very Good」「Good」「Fair」「Pour」5段階で評価します。

4、CLARITY:クラリティー
ダイヤモンドはほとんどが内包物(包有鉱物)を含んでいます。
その多さ等で等級が決まっていきます。
クラリティーの評価は、11段階に分類されています。
評価は、専門家が10倍に拡大し検査してインクルージョン(包有物)について総合的に判断します。

このようにダイヤモンドには4Cが設定されています。
婚約指輪はこの4Cにも目を向けながら選ぶようにしましょう。